風のたより(2019年 秋号)

11月9日(土) 風の子まつり

今年も恒例の風の子まつりが開催されました。
風の子まつりでは、子どもたちが班ごとにゲーム屋や食べ物屋などのお店を出します。

お店の企画・準備・運営などはすべて子どもたちが主体となって行なっています。
お祭りの宣伝も子供たち自身で行い、ポスターを作ったり学校のお友達に声掛けをして
今年もたくさんのお客さんが集まり大盛況となりました。

子どもたち自身で作ったポスター
手作りの景品


<準備風景>


<お店の紹介>
コイン落とし 射的くじ

手さぐりゲーム ペットボトルボーリング

ピンポンゲーム ホットケーキ

子どもたちの感想
  • ★ぼくがいちばんたいへんだったのはうけつけです。まいにちおきゃくさんがきて、たいへんでした。(1年男子)
  • ★わたしが風の子まつりで大へんだったのは、クッキーをつくるところです。風の子まつりでたのしかった所は、物を売るところです。(2年女子)
  • ★プラバンを10まい以上作ったのでたいへんでした。お店のとう番もたいへんだったけど楽しかったので、来年もがんばります。(3年男子)
  • ★大変だったことは、人を集めることです。楽しかったことは、友達とまわったことです。(4年女子)
  • ★ぼくは班長として、風の子まつりをがんばりました。一番がんばったことはホットケーキを焼くことです。大、小大きさをちょうせつすることです。風の子祭りで使うけい品もいっぱい作りました。(5年男子)
  • ★今年の風の子まつりは、すーーごい楽しかったです。今年はこもんとして風の子祭りをやり、班長のフォローをしました。景品をきれいにつくったり、低学年が作った景品をよりきれいにしたり、直したり、低学年の手伝いをしたり、昨年班長をやった事をいかして班を後ろからまとめることができたと思います。(6年女子)

  ◆一覧に戻る

 

▲ページトップへ