東京23区でもめずらしい自主共同学童です

「風の子クラブ」は、東京23区でも数少ない「自主共同学童クラブ」のひとつです。

「自主共同学童」という言葉にピンとこない方も多いかと思いますが、
一言で言えば父母が中心となって運営している学童が「自主共同学童」です。
もし公立・私立というくくりで言うならば「私立」、公設・民設、
公営・民営というくくりで言うならば「民設民営」の学童にあたります。

風の子クラブは公立学童クラブが取り組んでいない
「4年生以上の高学年児童の受け入れ」
「労働時間のフレックス化に対応した保育時間の延長」
「障害児の受け入れと6年生まで安心して預けられる保育」
「子どもたちの自主性や意欲を引き出し、積極的に仲間たちとともに育ちあう保育」に
設立以来20年間に渡って取り組み、実践してきました。

こうした活動を通じて確立してきた「風の子クラブの学童保育」は区内だけではなく、
東京23区の学童保育の中でも高い評価を受けています。

What's New

2018年度児童募集のお知らせ (2017/10/01) 

2018年度入会説明会のご案内を開始しました。

⇒詳細はこちらで!

風の子クラブの特色」「風の子クラブの1年間の流れ」を更新しました (2017/09/27) 
運営概要」を最新の情報に更新しました (2017/09/16) 
2018年度児童募集のお知らせ (2017/09/16) 

新年度入会説明会開催のご案内を2017年10月1日より
ホームページにて行います。
入会ご希望の方は、説明会へご参加お願いいたします。

*毎月11日はぜひジャスコでお買い物を!

毎月11日にジャスコ南砂店でお買い物をすると“イエローレシート”が発行され、
各団体のBOXにレシートを投入すると合計金額の1%が寄付されます。

負担0円で社会貢献!
風の子クラブも参加していますのでぜひ風の子のBOXに投入お願いします♪

▲ページトップへ